​incense HOUTOUの想い

スクリーンショット 2021-08-25 19.14.55.png

incense HOUTOUの始まり

「素敵なご縁を繋げていただきありがとうございます」

今、このページを拝見して頂いていることが既に必然であり素敵なご縁が繋がった瞬間です。

このページに想いを綴らせていただくのは、incense HOUTOUのプロデューサー兼LilyBloom代表 芳燈れいでございます。

incense芳燈の始まりは私が24歳の時のある夜のこと

枕元に真言宗の開祖である弘法大師が立っている夢を見ました。

弘法大師は私に「あなたもこちらに来なさい」そう言い消えていきました。

私は目が覚めその後、周囲の人に夢の話をしていたところ、不思議とご縁が繋がり私は高野山にて得度を得る事となりました。

そして、私が頂いた戒名が「芳燈 ほうとう」でした。

どうしてこの戒名になったのかを問うと「芳しい香りと温かい灯りを燈し俗世を生きる人々を救いなさい」そう師僧が言いました。

その時は、私ができることなんて。と思っていましたが幼き頃から神仏共に信仰していた私は何かこのご縁を繋げることが出来ないか

と探し数年を過ごしていた時「お香を学んでみては?」と提案をして頂き私は自分の進む道が鮮明に拓けました。

​そして、お香を学ぶべくして『お香りカレント学院』の高等師範化を専攻し、資格を取得しました。

そこからは、私にしかできない香りを求め試行錯誤を行い『お香りカレント』を運営している香源様のお力をお借りし香りを作り上げてきました。

incense芳燈の香りは『逢いたい人に逢える香り』を目指し、香りの数だけ物語を作って頂きたいと思っております。

沢山のモノや情報が溢れかえる現代社会。

充実感を簡単に味わえるようで実は現代は孤独との戦いであり

自分を許し愛し大切にすることを忘れてしまい虚無感で溢れている人がどれだけいるのでしょうか・・・

香りには記憶を鮮明に思い出す力があり、癒しや落ち着き・空間や自身の浄化など様々な効果をもたらしてくれると言われています。

それは、かの有名な一休さんの『香の十徳』にも描かれています。

・静中成友(せいちゅうじょうゆう) ……… 静中(せいちゅう)は友と成る(孤独な時に心を癒やしてくれます。)

そして、他にも毎日が忙しなく時の流れが早く一息つく時間がない人にも1日10分。

自分を見つめ直し愛するきっかけを作って欲しい。お香がそのきっかけとなって欲しい。

・塵裡偸閑(じんりゆかん) ……… 塵裏(じんり)には閑(ひま)をぬすむ(忙しい時にくつろぎを与えてくれます。)

他にも沢山のお香の可能性や効果をさらに体験していただけるお香作りをし

あえて、今のこの時代だからこそ1400年以上昔から偉人達が楽しんできたお香を

1日10分皆様なりの楽しみを見つけて頂き自分自身を愛し幸多き日々を過ごすきっかけになって頂きたいです。